効率的な腹筋の鍛え方

腹筋が綺麗に6つに割れている人を見ると惚れ惚れしてしまいますよね。女性だって腹筋は割れなくても、腹筋を鍛えてウエスト周りを絞める事が出来ると嬉しくなるでしょう。



サイトトップ > 腹筋の鍛え方とその効果

スポンサードリンク

効率的な腹筋の鍛え方

腹筋の鍛え方とその効果


腹筋が弱くなると、姿勢が悪くなり猫背になりやすくなります。猫背になると内臓を支える筋肉が弱まりますので下腹がポッコリと出てしまう事になるのです。これは女性によく見られる傾向です。


この事象を改善する為にも腹筋を鍛える事が必要になります。


家で簡単に出来る腹筋の鍛え方のポイントですが、状態を起こして行う腹筋運動の場合、必ず膝を多少でも曲げて行う様にしましょう。足を曲げる事により腹筋に効果が出てくる様になります。


上半身を少しだけ起こしたり寝かしたりして行う腹筋の鍛え方ですが、腹直筋と言う筋肉を鍛える事が出来ます。この腹直筋が弱まると猫背になってしまうのです。


ポイントは足を押さえないで行う事、上半身を少しだけ起こす事です。上半身は起こしすぎない様にしましょう。この方法は「ストマック」と呼ばれていて「胃」と言う意味を含んでいます。ですから腹筋をする時は胃に効いている感じを確かめながら行う様にして下さい。


腹筋運動では下腹部分だけを鍛えると言うのは難しいです。先程挙げたストマックと呼ばれる運動になってしまうので腹筋全体、特に上部を鍛える様になってしまうのです。


下腹を鍛える腹筋の鍛え方は、上半身じゃなく足を上下させる方法になりますが、腰を痛めやすいですので気をつけなくてはなりません。


腹筋を常に鍛える鍛え方も有ります。それは姿勢です。常に姿勢を正しくしているだけでも腹筋は少しずつ鍛えられていますので効果が出てくると思います。


効率的な腹筋の鍛え方

MENU



スポンサードリンク